シップレックビーチ!!!

0
    ザキントス二日目の午後。
    ようやく待ちに待った船が来た。
    遅れること一時間である。
    ギリシャタイマーはここでも健在だ。
    基本的に乗り物は遅れて来るもんらしい。

    P7124392-w.jpg

    船に乗り込んだらもちろんデッキに登るのが松倉さん。
    潮風を身体中で感じるのが大好きなのだ。
    ツアー参加者は全員で30人といったとこか。

    P7124405-w.jpg

    日本人の女の子が一人参加していたのだが昨日の3人のうちの一人じゃないか。
    話しかけてみようかとも思ったが僕の脳は完全にシップレックモードだったのでやめといた。
    思う存分にシャッターを切りたいのだ。
    もひとつ言うと彼らは行き道のフェリーにゴミをほったらかしてったので、何と無く同じ日本人として嫌だったってのもある。
    いつだって大和魂

    P7124409-w.jpg

    船は1時間以上走った。
    ザキントスは本当にけっこうでかい。
    完全勘違いして来てしまったがレンタルスクーターの燃料を使い切ってもまだ足りない程でっかい。
    ひたすら海にいい感じに切られた岸壁が続く。

    P7124495-w.jpg

    海は青く空は青い、、、

    P7124423-w.jpg

    もうこのあたりのはず、、、というのがわかってくる。
    なんせ海岸線を横目で見ながら往復共にひたすらバイクで走ったのだから嫌でもわかるってなもんだ。
    それにしても最高の道のりだった、、、我が人生トップクラスの、、、願わくば愛車で走りたかった。

    P7124459-w.jpg

    ここもブルーケイブがあるのだ。

    P7124471-w.jpg

    この上をディンゴで駆けたのだ。

    P7124476-w.jpg

    この丘からの景色は最高の眺めだった。海からもまた最高だった。

    P7124484-w.jpg

    途中で船の金具がバッキーーーン!!!と外れて女の子の頭に当たるというハプニングがあった。
    これは痛いぞ、、、僕も駆け寄って頭をみたら内出血してる。
    船員は「ノープロブレム、、」とか言うもんだから、、、

    「いやノープロブレムじゃねーよ!!てかお前が言うなや!!!」
    「全然プロブレムやんけ!!!まず謝れや!!!!」
    とつい日本語で叫んでしまった。

    この会社、なにかとダメダメすぎるのである。
    出航にどんだけ遅れてんだって。
    このあと何度も腹たつことになる。
    彼らも他の機関もまず遅れて来ても絶対謝ったりはしない。
    悪びれたりもしない。
    日本じゃ大騒ぎだぜおい。
    時間はともかくたんこぶできてるやんけ!!!!
    それにしても他の客や女の子も文句言わないのでこちらとしても何にも言えなくなる、、、

    まぁ僕の叫びも虚しく船は何事もなかったように進んだ。
    問題はないように見えた。

    P7124460-w.jpg

    ブルーケイブを通り過ぎていよいよ僕が数時間前にいた高さ100mの岩壁が見える。

    見えた!!!シップレックだ!!!!

    P7124501-w.jpg

    うひょおおおおお!!!

    P7124514-w.jpg

    とうとうあのシップレックの水色のビーチへと上陸するのだ!!

    P7124522-w.jpg

    しかしここで問題発生、、、なんとあの外れた金具は上陸する時の架け橋の部品だった、、、
    上陸がかなり困難だ!!

    何人かは向こう岸へと降りてったのだが水圧でさらに金具はぶっ飛び、僕の目の前で橋はグラグラになり使えなくなってしまった、、、
    ここまできて上陸できないなどあってたまるか!!!
    そもそも向こう岸にたどり着けた人はどうすんじゃい!!

    普通に船から飛んで降りたらいいのでは??
    みんなそう思うと思う。
    僕もそう思ってた。
    だがしかしこのビーチはいきなりズドン!と底が見えないくらいめちゃくちゃ深いのだ。
    こんな近くに大型の船が寄せられるのだから当然と言えば当然だが。

    飛び込めば頭の先まで濡れるのは間違いない。
    そんな程度の深さではない。
    それはつまり、、、

    カメラを持っていけない!!!!?

    2人程飛び込んでいったが、、、
    時間だけが無意味にすぎていく、、僕はヤキモキし、イライラしとんでもない怒りに満ちていた。
    他の客もまたしかりである。
    このままじゃツアー終了である。
    僕は船員に頼んでありったけのビニールをくれ!とせがむ。

    何の為に来た?
    目の前にロマンがあるのだ、やるべきことは一つだろうが!!

    そしてカメラを包み、、、服をきたまま、、、、

    おりゃあああああああ!!!!!

    ドボーーーーーーン!!!!!!!!!

    うおおおおおおおおおおおおおおお!!!!!!

    P7124545-w.jpg

    泳いで上陸成功。
    カメラも無事である!!!
    先に上陸してた人達がえらく面食らってた。
    このために来たのだからやむおえんのだ。
    手段があるなら迷うことなくそれを選ぶ。
    ちなみに僕の上陸からものの五分くらいで橋は応急処置がすんだと後から聞いた。
    このクソ会社め。

    P7124548-w.jpg

    そこからはもう一心不乱に船の周りを走り回りながら撮影しまくる。
    なんというロマン、、、なんというかっこよさ、、、、、
    青い海、ビーチ、朽ちた人工物、、、もうほんと最高だった!!!!
    僕もポルコの真似してエディット・ピアフ聞いたよ。
    いい気分すぎて死ぬかと思った。

    P7124570-w.jpg

    もう海が青くて青くて、、、なんでしょねこの色は。
    そして波の勢いがすごく強い!
    それがまたいいのだ。
    もう僕は
    すでにずぶ濡れなので濡れたところで全然構わない。

    P7124558-w.jpg

    僕が数時間前いた絶壁は下から見るより上から見下ろした方がずっと何倍も高く見えた。
    下から見れば100mには見えないから不思議だ。
    ギリシャの日差しは本当に痛いくらいだ。
    だがとても乾燥してるのでカラッとしていてちっとも不快ではない。

    P7124574-w.jpg

    砂に足を取られてなかなかうまく歩けない。
    ズボッズボッと勢いよく駆ければ指の間に砂が入ってなんとも愉快な感触を楽しめる。
    あぁなんと楽しいのだろう、、、

    P7124603-w.jpg

    このフォルム、、、この風化具合、、、折れた船体、、、、
    超ロマンですよこいつは!!!
    朽ちた人工物の歴史に悲劇さがないってのはこれまたいいもんです。
    死人が出なかったこの船もそうだし使う事無かった軍事要塞の成れの果てとか。
    恐ろしい兵器さえも錆びて苔におおわれた時には時間が禍々しさを洗い流してくれてとても平和なものに見えてくる、、、
    時間が作り上げたロマン、、、いいもんです。

    P7124580-w.jpg

    紅の豚とラピュタを同時に味わったかのような気分だった。
    僕の中の少年はもう発狂寸前でしたよ。
    うほほほほーい!!!って。
    これこそがロマンフル!!!
    もう本当に幸せすぎました。

    P7124585-w.jpg

    ぐるぐるぐるぐる何度も周りを走って撮りました。
    でも他のみんなあんまし関心がないのね、、、
    だったらどいて欲しいな、、、なんて思ったり、、、、、
    あとタバコすって捨てんのやめてほしいな、、、、

    P7124596-w.jpg

    そんなこんなで時間は終了。
    時間が全然足りなかった、、、、。

    P7124609-w.jpg

    船はブルーケイブに引き返す。
    こっからは泳いで青の洞窟まで行ってねーとのことだったがもう泳いでくのはこりごりだ、、、
    カステロリゾでキャプテンがくれたあの青が僕の最高のブルーケイブだ。

    P7124641-w.jpg

    そして船はザキントス港へと引き返す。
    このイオニアの海もまた僕に忘れられない感動を与えてくれた、、、
    帰りにこの島一番のパノラマビューってカフェに行った。
    道にうんざりするほど看板が出てたんで。

    そこのマスターだかなんかに何故かキレられた。
    荷物でかいのが入ってくんなって感じのようだ。
    うるせーボケ!!!と日本語で返す。
    僕もこの旅でずいぶん図太く強くなったもんだ。

    P7124672-w.jpg

    バイトの子が「こっちならあいつに見られないからおいでよ」と通してくれた。
    まぁ普通の景色だ。
    夜はかなり雰囲気よさげだ。
    だがオーナーはクソだ。
    帰りにトイレ借りたぜヒャッハー!って言って帰った。
    怒声を背中に浴びてレンタルバイクを返しにいく。

    P7124674-w.jpg

    お店のお姉ちゃんに手厚く礼を告げる。
    最高の思い出になったよ、、、またきっと来るから、、、、
    ありがとうホワイトディンゴ、、、この島でたった一人の僕の友達、、、、、、
    125ccのくせに馬力なくて助走なしだと坂道30キロしか出ない僕の相棒、、、、、、
    本当に最高だった、、、自由だった、、、、、
    思い出すだけで泣けてくる程に。

    P7124665-w.jpg

    前の日の晩ご飯に来たレストランでこの日も食事。
    ギリシャのグリークサラダにパスタを頼む。
    ウェイターが「よぉまた会ったな!この席にしろよ!」と通してくれた。
    「この席からだとあのかわいこちゃんがよく見えるぜ★」って。
    そしてグァバジュースにパンをサービスしてくれた。
    「うまそうに食べてくれるからな、サービスだ!」とのこと。
    ギリシャの人はなぜにこうも温かいのだろう、、、、

    P7124668-w.jpg

    ご飯を食べたらば宿探しだ!
    もう相棒はいない。自分の足で重たい荷物を背負い歩くしかない。
    港近くに安い宿はないので2.1キロ離れた宿をチョイス。

    これが宿探し史上最大の試練になることを僕はまだ知らなかったのだ、、、、、、


    つづく

    コメント
    写真たまらんですね!
    行きてー!!
    • ルー
    • 2014/10/03 8:45 PM
    ここはマジでやばいっす!!!
    ナンバーワンかもしれないほどに!!!!
    • SHU
    • 2014/10/03 8:48 PM
    元気にしてますか?メールにブロックをかけてました。松倉さんは詩人ですね。文章 写真を見て感動してます。此からは時々のぞかせてもらいます。今朝迄 高千穂に居ましたが此方の紅葉はよくないですね。明日は大観峰~ラピュタです 1週間ぶりに。又 会えればいいですね。
    • なかやま
    • 2014/11/07 12:07 AM
    もしかして大観峰でいつもお会いしてるなかやまさんですか!?
    うわーびっくりです!!!!
    メール送ったのですが届いてなかったか聞き間違えたかで気になってました!
    今年の高千穂は難しいですかー。
    むむむ。

    日記お恥ずかしいですね…でもお誉めいただけてすごく嬉しいです!ありがとうございます!!!
    • SHU
    • 2014/11/10 10:18 AM
    初めまして。

    今年の8/14にザキントス1泊オンリーで予定しており、シップレックビーチについて検索していたところこちらにたどり着きました。

    臨場感溢れるブログ、楽しく拝見しました。

    同様なプランを計画中ですが、朝レンタカー(2人なので車)で行って崖の上から眺め、午後に大急ぎで港に戻れば、船のツアーに参加できることがわかって大変助かりました。

    ありがとうございました!
    • tabi
    • 2017/06/10 10:22 PM
    tabiさん

    帰り道はくれぐれもご用心ですよー!
    落ちたら死ぬような峠も少しありますので!

    ツアーも比較的遅い時間にやってるとこもあるのでいけるとは思いますが!

    ぜひ上陸してロマンをいっぱい吸い込んでください!
    時間があれば途中の集落で海ガメ柄のアイテム買うのおすすめします!
    かわいかったので!
    • SHU
    • 2017/06/11 12:05 AM
    崖から落ちて亡くなる人が年間4人はいるとかいないとか、そのような記事も目撃したので注意して行きます。。。
    途中の集落に寄るのも楽しそうですね!
    色々情報ありがとうございます!

    今からロマンに浸れる日が楽しみで仕方ないです!

    追伸
    ブログの最後に宿のことが書いてありますが、その後どうなったのか興味津々です。
    • tabi
    • 2017/06/11 12:44 PM
    宿はねー……死ぬほど迷いました……
    真っ暗な森を抜ける道があるんですが、マップがそこ通れいうもんだから……

    港付近は宿高いんですよー
    バイク返したあとはほんまにしんどい!
    基本的に宿は丘側に多いのでめんどくさいのなんの……

    人がめっちゃ優しい島で、困ってたら助けてくれるし、宿のおじちゃんが船まで車で送ってくれたりほんと優しい島でした!
    • SHU
    • 2017/06/11 12:54 PM
    当方の旅も何かしら問題にあたるかな?と想定して行くつもりでしたが、島には親切な人が多いと聞き大変心強いです。

    同感です。
    オンシーズンの宿、べらぼうに高くておったまげました!

    今からTKGで節約します〜
    • tabi
    • 2017/06/11 1:24 PM
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << August 2017 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • デザインフェスタ繰り上げ当選
      momo
    • デザインフェスタ繰り上げ当選
      momo
    • ありがとう大街道土曜夜市
      U- 撃手
    • 前を向いてこ
      aya
    • 前を向いてこ
      たけだひろみ
    • シップレックビーチ!!!
      tabi
    • シップレックビーチ!!!
      SHU
    • シップレックビーチ!!!
      tabi
    • シップレックビーチ!!!
      SHU
    • シップレックビーチ!!!
      tabi

    recent trackback

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode